伊東 大祐

アカデミー校長

1988年生まれ。日本人の父と韓国人の母の間に生まれ、日本語・韓国語・英語を流暢に使いこなす。8才でゴルフを始め、11才の時に単身渡米。アメリカはカリフォルニア州、またアリゾナ州で小・中・高時代を過ごす。オーストラリアに渡豪したのは17才の時。ジェイソン・デイ選手率いるゴルフ部に在籍。高校卒業後、アリゾナ大学ゴルフ部のWild Catsへの入部を取りやめ、オーストラリアでプロを目指す事を決意。現地のゴルフ場とアカデミーに勤めながら、各国のツアートーナメント・QTに参戦。19歳から22歳までの3年間は軍人レベルのトレーニングで体を鍛え上げ、ベンチプレス120キロ、レッグプレス500キロ、また腕立て伏せは200回出来るまでに達した。数多くの有名コーチからレッスンを受けるも、腰に負担がかかるコーチングとその反復、またオーバートレーニングにより怪我を繰り返し低迷。

コーチとしての転機は、女子世界ランク1位のカリー・ウェブ選手を育て上げたイアン・トリッグスコーチとの出会い。生体力学的に理にかなった動きと脳科学論が完璧に繋げられたレッスンに感動し、それを機に自身もコーチング界に。イアン・トリッグス氏の元でコーチ・プレーヤーとして腕を磨き続けた。当時若干26歳にして10名以上のプロゴルファーを輩出し、ツアー選手の帯同コーチとして国内外で経験を積み、およそ10年に渡りイアン・トリッグス氏に師事した。また、オーストラリア屈指の精神療法士であるトニー・コンリー氏との出会いによって、潜在意識に焦点を当てたメンタルレッスン法を確立し、メンタル論に更に磨きをかけていった。

自身がオーバートレーニングによって怪我を繰り返した経験から、フィットネスの知識をプロレベルで持つ必要性を感じ、アスリート育成の国家資格を取得。その後はシン・ジエ選手等トップ選手のトレーナーを務めるリチャード・ニゼルスキー氏、そして現在渋野比奈子選手のトレーナーとして活躍する齋藤大介氏と共に現地のゴルフアカデミーのフィジカルを担当。またTPI等数多くのセミナーにも参加し、フィットネスの分野でもプロとしての経験を積んでいった。

指導者としてのこだわりは「言葉磨き」。よりシンプルに、明確に相手に伝わり、イメージが湧く言葉を日々研究。とにかくマニアックで、膨大な情報量を持つ。スイングやギアに限らず、古い選手から現代の選手、世界のゴルフ場、ゴルフの歴史、また世界のゴルフ情勢等誰も知らない様な情報にも貪欲だ。新たなテクノロジーや情報が出る度に自身をアップデートさせ、ゴルフに対する学びの姿勢は今も崩さない。現在はフライトスコープやスイングカタリストといったテクノロジーを駆使し、最先端なレッスンへと進化させている。

資格

オーストラリアツアーメンバー(ATM会員)
Diploma of Sports Development(アスリート育成豪州国家資格)
イアントリッグスゴルフ・マスターコーチ
TPI Certified・ Level 2(Fitness)
Trackman University・Level 2
Swing Catalyst Certified・ Level 2
USGTF

メディア出演

  • 週間ゴルフダイジェスト
  • 月刊ゴルフトゥデイ
  • ゴルファボ